日本で初めての行動分析学による共生の幼稚園(長野県 御代田町 軽井沢)

創立者 奥田健次プロフィール

  • HOME »
  • 創立者 奥田健次プロフィール

奥田健次(おくだけんじ)Kenji Okuda

兵庫県西宮市出身。専門行動療法士、臨床心理士。発達につまずきのある子とその家族への指導のために、全国各地からの支援要請に応えている心理臨床家。日本国内だけでなく、世界各地から招かれる国際的セラピストである。行動上のあらゆる問題を解決に導くための洗練された技術と、子ども一人ひとりに合わせて完全にオーダーメイド化された奇抜でユニークなアイデア、指導プログラムの緻密さについて、国内外の関係者から絶賛されている。1999年、内山記念賞(日本行動療法学会)を受賞。2003年、日本教育実践学会研究奨励賞受賞。2008年、第4回日本行動分析学会学会賞(論文賞)を受賞し、行動科学系の二大学会で初のダブル受賞者となった。日本行動分析学会常任理事。日本子ども健康科学会理事。桜花学園大学准教授などを経て、2012年4月より行動コーチングアカデミー代表/学校長として浅間山のふもと、西軽井沢に移住。同時に大学を早期退職し、私財を投じて長野県に学校法人西軽井沢学園を創立。同法人初代理事長として、2018年4月に日本初の行動分析学を用いたインクルーシブ教育を行うサムエル幼稚園を開園。現在、日本初の「いじめ防止3R」プログラムを導入したインクルーシブ小学校を開学準備中。
(2022年、リモート講演会紹介文より抜粋)

 

非常勤講師歴

法政大学 大学院 心理学専攻
愛知大学 文学部
沖縄国際大学 総合文化学部
早稲田大学 人間科学部
岡山大学 特殊教育特別専攻科
愛知学泉大学 生活科学部
倉敷市立短期大学 保育臨床専攻科
 

客員職等

法政大学 大学院 ライフスキル教育研究所 客員研究員

慶應義塾大学 大学院 心の統合的研究センター 進化・発達プロジェクト 共同研究者

 

主な役員等(2022年8月現在)

日本行動分析学会 理事(2009-2012年)

日本行動分析学会 常任理事(2012-2015年)

一般社団法人 日本行動分析学会 理事(2015-)

日本子ども健康科学会 理事(2011-)

日本行動分析学会 創立三十年記念事業 熊野学術大会 委員長(2012-2013年)

日本行動療法学会 広報委員(2004-2012年)

世界認知行動療法学会(WCBCT)国際会議 総務委員(2002-2005年)

ABAI(国際行動分析学会)8th International Conference 招待講演者(2015年)

ABAI(国際行動分析学会)日本支部コンタクトパーソン(2019-)

 

奥田健次 主な著書

アスペルガー漫画版
拝啓、アスペルガー先生 ーー私の支援記録より 叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本 メリットの法則
ー行動分析学・実践編
世界に1つだけの子育ての教科書
ー子育ての失敗を100%取り戻す方法
2014.12.新刊
拝啓、アスペルガー先生
マンガ版 2015.1新刊

 

新聞・雑誌掲載記事


日本経済新聞夕刊  2014.12.13
   
信濃毎日新聞
信濃毎日新聞 2014.9.30
20140925tokushima
徳島新聞 2014.9.25
 
 
山梨日日新聞
山梨日日新聞  2014.5.20
 
   
あんふぁん 2015年2月号
あんふぁん 2015年2月号
あんふぁん 2015年1月号
あんふぁん 2015年1月号
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城新聞朝刊 2017.8.7

 

奥田研究室 Webサイト

https://kenjiokuda.com/

 

オフィシャルブログ
http://diamondblog.jp/kenjiokuda/

 

 

PAGETOP